自己紹介

かねてより自分で商売をスタートさせたいと考えていたところ、偶然が積み重なり農業の世界へ足を踏み入れることに。元々野山を駆け回ることが大好きというベースもありました。

2016年4月から東京都町田市・神奈川県厚木市、相模原市の7人の農家さんの下で2年2ヶ月間研修・修業。2018年6月に独立。新規就農者として兒玉農園を開業いたしました。

東京都町田市真光寺町圃場(注1)および神奈川県相模原市上溝圃場(注2)で野菜の生産をしております。

FacebookおよびFacebookアカウント:兒玉農園

注1:約三反(3,000㎡)の畑と約二反(2.000㎡)の真竹の竹林
注2:約二反(2,000㎡)の畑。2019年春をめどに一反(1,000㎡)追加予定。

兒玉農園の野菜作りに関する考え方

収益性の向上と経営規模の拡大を目標に、効率的な野菜作り(注3)を目指しております。

と同時に、安心して召し上がって頂け(注4)、おいしいと感じて頂ける野菜作り(注5)を心がけております。

注3:生産規模を拡大し効率的な野菜生産を実現することで、よりお求めやすい価格での提供を目指します。
注4:農薬の適正使用を大前提に、可能な限り農薬使用の回数を減らす減農薬による野菜生産を心がけています。
注5:堆肥(落ち葉・剪定枝などの植物系堆肥および厩肥)を可能な限り大量に使用し、よりおいしい野菜の生産を目指します。

兒玉農園で生産した野菜の販売先募集

兒玉農園で生産した野菜の出荷先を募集しております。販売店様はもとより、レストラン・加工品の材料として地場野菜の使用をご検討下さい。
 
 
品目・数量・時期などのご要望にも可能な限りお応えしますので、下記のフォームまたはFacebookにてご連絡ください。
 

生産予定の品目は以下の通りになります。

小松菜(通年)
ほうれん草(1月~5月/9月下旬~12月)
菜花(2月下旬~4月)
ブロッコリー(脇芽を含む/1月~5月/11月~12月)
キャベツ(1月~2月/11月~12月)
大根(10月~2月)
竹の子(真竹/5月下旬~6月)
玉ねぎ(6月~)
ししとう(宝楽・翠臣/6月中旬~10月)
とうがらし類(サラダ甘長・甘長唐辛子/6月中旬~10月)
ピーマン(6月中旬~10月)
ナス(6月中旬~11月)
トマト(6月中旬~8月中旬)
ミニトマト(アイコおよびイエローアイコ/6月中旬~9月下旬)
オクラ (7月上旬から10月上旬)
モロヘイヤ(7月上旬~10月中旬)
ツルムラサキ(7月上旬~10月下旬)
里芋(10月~)
さつまいも(10月~)

児玉農園に手伝いにきませんか(援農ボランティア)募集

兒玉農園・町田市真光寺町圃場では、収穫および出荷調整(袋詰め等)などのお手伝いさん(援農ボランティア)を募集しております。

経験不問で、自分のペースでできる内容です。作業時間は、基本的に早朝から午前中となります。薄謝と野菜のおみやげを用意しております。

作業内容は以下の通りです。

・6月中旬から10月中旬までは、果菜類等(ししとう・なす・トマトなど)を中心に収穫および出荷調整
・春から初夏、晩夏から秋口にかけて苗の定植等
・秋以降、夏野菜の片づけ等

詳細は6月初旬頃に更新いたします。

圃場紹介

町田市真光寺街圃場
・中溝二反
・園部一反
・榎本一反
相模原市上溝圃場
・佐藤一反
・石川五畝
・佐藤五畝
・石井五畝